MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2012.12.22

中1生が「第22回日本クラシック音楽コンクール」で入賞。

賞状を手に、凜とした表情の内田君。おめでとう!

中学1年G組の内田琳君が、12月5日(水)に、かつしかシンフォニーヒルズで行われた、第22回日本クラシック音楽コンクールの全国大会に出場し、ヴィオラ・チェロ・コントラバスの部門(中学生の部)で、5位入賞しました。しかしながら、この部門では1~4位の該当者がなく、内田君は事実上の「日本一」に輝いたわけです。おめでとうございます。
以下、内田君の喜びの声です。 「自分は初め、ヴァイオリンを1年やってからチェロに変えました。チェロを始めたのは5歳の時でした。また、母にピアノを3歳から教わっていたので、あまりつらくはありませんでした。ほとんど毎日欠かさずやっていたので実力がついたのだと思います。
今、その努力が報われ、よい成績をとることができたので、とてもうれしく思います。」