MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2015.8.10

マレーシア異文化体験プログラム 7日目 その1

最後の記念写真。笑顔でカメラを向けているのは、今回の受け入れ側の責任者で、村長さんの息子のカイルさんです。

バスが消えるまで手を振り続けてくれた、テメルローのお父さん、お母さん、家族たち。ありがとう「ジュンバラギ」、また会いましょう。

クアラルンプール市内にて飲茶。思わず歓声が上がり次から次へと手が出ますが、それでも食べ切れない程のお皿が並びました。誰だ、食べ放題ですか?と聞いたのは。

森林研究所で英語のみでゆっくり説明していただきました。生徒が英語で質問する場面もありました。

ガイドさんに「さあこのあたりで水を飲んでみよう」と促され、ペットボトルを傾けるとその視線の先には、何ということでしょう、木のジグソーパズルがあるではありませんか。ナショナルジオグラフィックにも紹介されたそうです。

森林研究所で出会ったマレーシアの学生さんたちと。

テメルロー村とも今日でお別れです。名残を惜しみ、再会を約束しつつ村を後にし、今日の研修に向かいました。