MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2014.8.11

鉄道研究部が全国鉄道模型コンテストで理事長特別賞を受賞!

退路を断って臨んだ今年のコンテスト。一昨年、昨年の技能賞に続いて3年連続受賞。しかも今年はメインのモジュール部門で一段高い大きな賞です!

快速線と緩行線の架線柱の作り分け、線路脇の信号機箱、線路を跨ぐ道路の勾配、本物の水を配したお堀など、観察眼の鋭さを遺憾なく発揮しました。

後方に写っているビルは実は他校のモジュールです。偶然だけど「飯田橋界隈らしさ」を醸し出していると思いませんか?

燦然と輝く楯。

後片付けも余念がありません。「借りた以上の状態にして返す」紳士のモットーです。

終了後の反省会。キャプテン武田君の講評。「ディティールにかなり気を配った分、独創性やテーマ性などアピールが地味になってしまったのが今後の課題。」飽くなき闘志で来年こそ優勝だ!

8月9日(土)、10日(日)、東京ビッグサイトで行われた「第6回全国高等学校鉄道模型コンテスト」において、鉄道研究部がモジュール部門で昨年を上回る理事長特別賞を受賞しました。昨年、モジュール部門・一畳レイアウト部門のダブル技能賞に輝きながら限界を感じ、一段上の賞を目指すために敢えて得意の一畳レイアウト部門を捨て、メインのモジュール部門一本に絞って臨んだ甲斐がありました。モチーフはJR飯田橋付近。崖のある高低差、お堀には本物の水を配す等、リアリティーを追求した本作品は、文科大臣賞、優秀賞(2校)に次ぐ全国第4位相当の栄誉に輝きました。
このモジュールは10月4日(土)、5日(日)の柏苑祭でも展示します。皆様のご来校を心よりお待ちしております。