MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2014.7.17

学部・学科ガイダンスが行われました。

慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科の栗原志功先生です。デザインとビジネスによって、世界が驚くアイデアを!未来を作るのは君たちだ!と強く、楽しくお話ししてくださいました。

一橋大学商学部商学研究科の円谷昭一先生です。グローバル社会における日本企業の現状や企業が求める人材など、今後何を学ぶべきかについてお話ししてくださいました。

東京大学大学院総合文化研究科の梶谷真司先生です。研究では、「わからないこと」を大切にし、追求していくことが面白く、そして難しい!という話をしてくださいました。

電気通信大学情報メディアシステム学専攻の野嶋琢也先生です。人を刺激するインタラクティブ技術についてお話ししてくださいました。ゲームに関わる話などもあり、生徒も食い入るように話を聞いていました。

東京大学大学院工学系研究科物理工学専攻の古澤明先生です。量子テレポーテーションという量子コンピューターについて話してくださいました。

東京大学生産技術研究所の川添善行先生です。建築家の仕事とはなにか。現在や、未来のプロジェクトなど建築について非常に興味深いお話をしてくださいました。

7月17日(木)、高校1年生全員と高校2年生の希望者を対象に、学部学科ガイダンスが行われました。今回のガイダンスでは18人の大学の先生が模擬授業をしてくださいました。参加した生徒たちからは「難しい内容でしたが、研究に興味を持つことができました」「高校と大学の違いを実感できました」といった感想を聞きました。今回の体験で、大学で行われる研究について理解を深め、そして最先端の技術や研究に触れることで進学に対する意識を強く持ったようです。