MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2014.6.14

キャリア・スタディ「業(わざ)あり先生」が開催されました。その1

大岩湛矣先生は、情熱をもって常に挑戦し続けることが大切、大きな興味、面白いことこそ大切にと、熱いエールをいただきました。

久野新一先生は、ビジネスって何だろう?会社を作って何をする?をテーマにお話ししてくださいました。今の勉強は巡り巡っていつか役に立つ!と大先輩からのありがたいお言葉もいただきました。

長倉明彦先生は、身近なものの品質から、どんな職業に就いても今の経験や努力が大切ですというお話をしてくださいました。

渋沢重彦先生は、地震と戦うエンジニア達のお話をしてくださいました。先生の話に興味津々!楽しそう!

宇田川晴義先生は、一つの事を継続する意味とその大切さをグローバルな視点からお話してくださいました。

立野慶先生は、医療とはなんだろうというお話を始めとし、職業選択や進路決定についてなどをお話してくださいました。

およそ2週間前、「キャリア・スタディスタート集会」が行われ、中3生全員が自分の将来の夢に向けての学習に取り組み始めました。そのキャリア・スタディの一環として、「業あり先生」が6月14日(土)に開催されました。今回は本校OBの方を中心に、総勢12名の講師の皆さんがお越しくださり、具体的な職業そのものにスポットライトをあてたお話しをいただきました。現在携わっていらっしゃるお仕事や社会に関わる『現場』のお話を伺いながら、働くことの意義ややりがい、ご苦労を学びました。生徒たちは今回のお話をもとに、夢の実現を目指してさらに学習を深めていけることでしょう。