MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2012.7.19

中3生がロボカップで3年連続世界王者

ロボカップとは元来「2050年までに人間のサッカー世界王者チームに勝てるロボットを作る」というプロジェクトです。Rescue-B部門で竹間君が使ったロボット。

竹間君が参加したRescue-B競技は、迷路の中から被災者に見立てたヒーターを探す競技です。

ステージ中央の日の丸も誇らしく、見事3年連続世界制覇達成!

強いチームが勝ち上がる世界大会では必然的に毎年同じ学校やチームが参加します。
竹間君「世界大会は年に一回の同窓会のような感じです」。何物にも代えがたい財産ですね。

メキシコは北米大陸南部に位置する世界遺産の宝庫です。世界で3番目に大きいティオティワカンのピラミッドのてっぺんまで登りました。とても気持ちよかったそうです。

本校中学3年の竹間義明君が、RobocupJuniorの日本代表チームとして、メキシコシティで行われた世界大会に参加し、Rescue-B部門において、個人戦および、くじ引きで選んだ他国のチームと協力して行う「SuperTeam」戦の2部門で優勝。これで竹間君は、中1以来の3連覇達成という偉業を成し遂げました。