MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2014.4.25

東京発見ウォークが行われました(その2)

賑やかな仲見世通りを抜けて、浅草寺へ。「こんなに広かったんだ」と、実際に訪れたからこその驚きがありました。

とある班が浅草から歩いて向かったのは、スカイツリー。晴れ渡る空に突き刺さるような東京の新しいシンボルを、間近で見ることができました。

アメ横を訪れた生徒たち。活気溢れる商店街の様子に、とても驚いたそうです。「もう一度、じっくり歩いてみたい」という声もありました。

「魚以外にも、いろんなものが売られていた!」「海鮮丼がすごく美味しかった!」 目で、耳で、舌で、築地を体感できたそうです。

浅草を出発して十数分、秋葉原に到着です。少し前までいた所とは大きく違う街並みを見た生徒たちは、そのギャップから様々な事を発見したことでしょう。

「秋葉原電気街は、神田・末広町・岩本町からも近い!」 事前のリサーチが功を奏し、スムーズな移動ができました。

浅草に上野、秋葉原。生徒たちが選んだコースの中でも、特に人気のあったコースです。班によっては「昔ながらの日本と、現代の日本を比べてみたい」という視点を持って、「浅草と秋葉原」「上野と渋谷」のような組み合わせのコースを選んでいました。この他にも、築地、月島、池袋、お台場、明治神宮、羽田空港、新大久保など、生徒たちは自分の班の目的に合った様々な場所へ足を運びました。