MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2012.7.14

大学の学部学科ガイダンスが行われました②

<東京大学大学院 稲葉優希先生>ヒトの身体の動く仕組みを生理学・力学の観点からお話して下さいました。そして、スポーツパフォーマンス向上のためのコツを教えていただきました。

<東京大学 堤敦司先生>エネルギーとは何か?その本質について説明して下さいました。そして、エネルギー問題解決のためには、私たちは何をしていくことが必要なのか?ということについて講義をしていただきました。

<東京大学 池内克史先生>最近、ロボットが急速に発展してきました。今回は、人まねロボット『ヒューマノイドロボット』のお話をしていただきました。人間の機械組み立て動作を見て、その動作で機械を組み立てたり、会津磐梯山踊りを見ておどりを踊るロボットのお話でした。

<首都大学東京 開沼泰隆先生>これまでの大量生産・大量廃棄の社会から循環型社会に移行するために、生産活動を行う組織は、リユース・リサイクルに至るプロセスの効率化を図らなくてはいけない。その研究についてのお話をしていただきました。

<生徒の様子>各分野でご活躍の先生方のお話ですので、生徒たちも大変に興味深く、熱心に耳を傾けていました。いつか、皆の中から、日本や世界を救う研究者が育っていくことが大いに期待されますね!