MENU

志望大学への現役合格を目指す〈6年一貫学習システム〉

6年間のクラス編成

Ⅰ類からⅡ類への転類は、入れ替え制ではありません。中学1年では、Ⅱ類2クラス+Ⅰ類4クラスで編成しますが、転類者が多い場合は、学年が進むに連れて、Ⅱ類のクラス数を増やす場合があります。

類別クラス編成(進級時の成績により、Ⅰ類からⅡ類への転類を認めることがあります)

Ⅱ類東大・京大・東工大・一橋大・国公立医学部などへの現役合格を目指します

Ⅰ類難関国公立大・早大・慶大等の難関私大への現役合格を目指します

それぞれの目指す大学や習熟度に基づき、大きく2つの類型に分かれます。原則としてⅡ類は授業が早く進む分、演習を多く取り入れており、応用講座(数学)、夏期・冬期・春期の講習、学習合宿などが必修です(Ⅰ類は希望制)。また中3・高1では、前年度の数学の成績に応じて、Mαクラス・Mβクラスに分かれます。高2では本人の進路希望に応じて、理系クラス・文系クラスに分かれます。

前期・中期・後期と先取りカリキュラム

前期生活習慣の確立と基礎学力の養成

前期は充実した学校生活を実現するための準備段階です。自主性を養うとともに、集団生活の中で協調性や規律ある行動を身につけます。生徒全員が共通の科目をバランスよく学び、基礎をしっかりと固め、進度に付いていくための学習姿勢の確立を目指します。

中期持続可能な学習習慣、社会や将来への意識付け

中期は高校の領域を学び始め、進路選択も視野に入ってくる大事な時期です。キャリア・スタディや進路指導を含めた自分発見プログラムを中心に、自らの将来を考えます。学習も生活も大人の第一歩として自立が促されます。

後期将来を見据えた進路選択、自らの力で判断し実践する

後期は大学模擬授業、進路講演会などを織り交ぜながら、総合的に大学進学を考えます。高2から文理別のコース、高3では志望校別の6コースを用意。それぞれの志望大学合格に向けて、受験学力の重点的強化を図ります。

このカテゴリーでご紹介する内容

  • トシコーが大切にする学び

    主体的な学びを育むために知的好奇心を起点とした教育を目指しています

    詳細を見る
  • 6年一貫学習システム

    ハイレベルな学力を身につけ、志望大学への現役合格を目指す

    詳細を見る
  • 学習について

    学力向上のポイントは「学習力」。きめ細かい支援体制が自慢です

    詳細を見る
  • 新大学入試制度への対応

    自ら考え、探求し、表現する力を伸ばす

    詳細を見る
  • 科学実験

    中学3年間で約60テーマ

    詳細を見る
  • キャリア・スタディ

    「25歳の自分と対話する」独自のキャリア学習

    詳細を見る
  • 中期修了論文

    高1で全員が4,000字以上の論文執筆にチャレンジ

    詳細を見る
  • 特色ある授業

    枠にとらわれない独自の教科別カリキュラム

    詳細を見る