MENU

お知らせ

ニュース

2017.7.22

学部学科ガイダンスが行われました。

7月19日(水)に高校1年生全員と高校2年生、中学3年生の希望者を対象に学部学科ガイダンスが行われました。

今年は理系・文系あわせて10名の大学の先生が講演をしてくださり、生徒たちが「学ぶこと」の意義を考える良い機会となりました。いま学んでいる内容や学ぶという行為そのものが、大学の学問とどのように繋がり、社会でどのように利用され、役立てられているかを知ることで進学意欲も高まったようです。

高校1年生は今まさに中期修了論文に取り組んでおり、研究することの楽しさと難しさを知る貴重な経験になったことでしょう。

SKE_0009 SKE_0010

(左)東京大学 Flavia Baldari 先生 「政治哲学における「個人」観や「主体」観。丸山眞男とカール・レーヴィット」

(右)一橋大学 小林 健太 先生 「世界は微分で動いている~微分方程式と自然現象・社会現象~」

SKE_0011 SKE_0016

(左)東京工業大学 二階堂 雅人 先生 「DNAで解き明かしたシーラカンスの生息地の謎」

(右)東京大学 大口 敬 先生 「交通渋滞を解消する科学の力と未来の交通社会のデザイン」

SKE_0014 SKE_0013

(左)東京大学 増田 晴夫 先生 「日本建築の歴史って何だろう」

(右)筑波大学 首藤 文洋 先生 「有国家資格者を養成する大学課程での学習・生活について(医学科、獣医学科)」