MENU

お知らせ

過去のお知らせ

2012.9.14

中2体験旅行3日目です。その1

今日も一日頑張ろう!昨日と打って変わって晴れやかな表情。

りんごは、実と実の間が20cmくらいが一番おいしくなるそうです。勉強になるなあ。

この日生まれた牛の赤ちゃんです。お母さんにそっくり!

青空の下で食べるスイカは格別です。

枝豆の収穫。なかなか根気がいる作業です。

農家の方とディスカッション。「そのりんごジュースはいくらで売れるのですか?」「400円だけど手間賃や工賃などでほとんど儲けはないんだよ。」

人間が1食に食べるお米の量を1合といい、ごはん茶碗1杯(これを炊くと2杯)、およそ180ccにあたります。これを1000倍した単位を1石(こく)といいます。1年は365日だから、つまり、1石は1年間に食べるお米の量というわけです。私たちは、他の尊い命をいただいて、一生の間、実に何万回もの食事をして生きているわけです。
2日間にわたる農業体験という「生命を育てる体験」をとおして、感謝の気持ちと命の尊さを学びました。