6年一貫学習システム

志望大学への現役合格を目指す

<6年一貫学習システム>

6年間のクラス編成

Ⅰ類からⅡ類への転類は、入れ替え制ではありません。中学1年では、Ⅱ類2クラス+Ⅰ類4クラスで編成しますが、転類者が多い場合は、学年が進むに連れて、Ⅱ類のクラス数を増やす場合があります。

類別クラス編成
(進級時の成績により、Ⅰ類からⅡ類へ転類することがあります)

II類東大・京大・東工大・一橋大・国公立医学部などへの現役合格を目指します

I類難関国公立大・早大・慶大等の難関私大への現役合格を目指します

それぞれの目指す大学や習熟度に基づき、大きく2つの類型に分かれます。原則としてⅡ類は授業が早く進む分、演習を多く取り入れています。高2では本人の進路希望に応じて、理系クラス・文系クラスに分かれます。また、一定の基準に達していない場合には、Ⅱ類からⅠ類への転類もあります。

前期・中期・後期と先取りカリキュラム

前期生活習慣の確立と基礎学力の養成

前期は充実した学校生活を実現するための準備段階です。自主性を養うとともに、集団生活の中で協調性や規律ある行動を身につけます。生徒全員が共通の科目をバランスよく学び、基礎をしっかりと固め、進度に付いていくための学習姿勢の確立を目指します。

中期持続可能な学習習慣、社会や将来への意識付け

中期は高校の領域を学び始め、進路選択も視野に入ってくる大事な時期です。キャリア・スタディや進路指導を含めた自分発見プログラムを中心に、自らの将来を考えます。学習も生活も大人の第一歩として自立が促されます。

後期将来を見据えた進路選択、自らの力で判断し実践する

後期は大学模擬授業、進路講演会などを織り交ぜながら、総合的に大学進学を考えます。高2から文理別のコース、高3では志望校別の6コースを用意。それぞれの志望大学合格に向けて、受験学力の重点的強化を図ります。

6年一貫学習システム

本校のウェブサイトをご覧いただき、ありがとうございます。 私たちの教育の特徴を知っていただくために、みなさまに、お伝えしたいメッセージがあります。ぜひご一読いただき、本校の教育方針へのご理解を深めていただければ幸いです。